ロングフライト症候群

ロングフライト症候群

海外を目指す 〜海外を目指す方のためのお役立ちサイト〜
スポンサードリンク

 
TOP海外をめざす豆情報メニュー>ロングフライト症候群


ロングフライト症候群

ロングフライト症候群(あるいはロングフライト血栓症)とはいわゆるエコノミークラス症候群といわれる病気のことで、飛行機の座席に長時間座っていることでひざの裏あたりに血栓ができ、それが肺動脈をふさいでしまうことで発症します。

この予防には機内で適当に足や体を動かして、血液の巡りを良くしておくこと、水分をしっかりとること、飲酒を控えることなどが効果的です。

機内はとても乾燥しており自分で思っている以上に水分が失われていますので注意しましょう。

特に中高年で血管が傷み始めている人や以前に血栓ができたことがある人、生活習慣病の人、高齢の女性などは注意が必要だといわれています。

また、この症状は機内だけでなく、後日発症することもありますので、フライト後1週間くらいは気をつけてください。

スポンサードリンク

海外を目指す〜TOP

つぶやきコラム(随時更新)

海外生活物語
  〜バンコク赴任
  〜バンコク生活
  〜タイ語
  〜住宅事情
  〜タイ料理


海外旅行を3倍楽しむ方法
  〜飛行機編
  〜ホテル編
  〜言葉編


英語のすすめ


日本の常識は世界の非常識

ハワイに住もう
オーストラリアに住もう
ニュージーランドに住もう
パリに住もう
タイに住もう

海外をめざす豆知識

《番外編》
外貨保証金取引で稼ごう


リンク集


プロフィール

Copyright(C)  海外をめざす All Rights Reserved