海外 病気

海外 病気

海外を目指す 〜海外を目指す方のためのお役立ちサイト〜
スポンサードリンク

 
TOP海外をめざす豆情報メニュー>海外で病気になったら


海外で病気になったら

移住でもロングステイでも一定期間海外に住む場合に、最も大きな問題となるのが、「病気になったらどうすか」ということです。

風邪や下痢程度であれば大きな問題はないでしょうが、入院しなければいけないような病気や一定期間治療が必要な場合などは、現地の病院に入院するか、帰国するかという問題が発生します。

これは必ず海外に行く前に家族で話し合って決めておきましょう。

私の経験で言えば、海外で日本語の通訳がついている病院などに行っても、なかなか微妙な症状などは十分に伝わらないものです。医者本人が日本語堪能であればまだいいのですが、通訳の場合は必ずしも専門的な知識があるわけではありませんし、学校などで勉強する言葉だけではなかなか微妙な痛みの表現は身につかないものです。

それに薬の量も現地の人の体格や体質に合わせて調合されていることが多いので日本人には適量ではないかもしれません。

その時になって考えても夫婦の意見が食い違ったり、日本にいる家族の受け入れ態勢が整っていなかったりすることもありますので、渡航前に家族で話し合って決めておいたほうが良いと思います。

スポンサードリンク

海外を目指す〜TOP

つぶやきコラム(随時更新)

海外生活物語
  〜バンコク赴任
  〜バンコク生活
  〜タイ語
  〜住宅事情
  〜タイ料理


海外旅行を3倍楽しむ方法
  〜飛行機編
  〜ホテル編
  〜言葉編


英語のすすめ


日本の常識は世界の非常識

ハワイに住もう
オーストラリアに住もう
ニュージーランドに住もう
パリに住もう
タイに住もう

海外をめざす豆知識

《番外編》
外貨保証金取引で稼ごう


リンク集


プロフィール

Copyright(C)  海外をめざす All Rights Reserved