狂犬病予防接種

狂犬病予防接種

海外を目指す 〜海外を目指す方のためのお役立ちサイト〜
スポンサードリンク

 
TOP海外をめざす豆情報メニュー>狂犬病の予防接種


狂犬病の予防接種

狂犬病は現在の日本では殆ど聞きませんが、世界的に見れば沢山の患者が報告されており、発病すればほぼ100%が死亡するといわれる極めて危険な病気です。

犬やキツネ、コウモリなどに咬まれることにより感染する病気で、アジア・アフリカ・中南米などへ一定期間滞在するような場合には必ず受けておきたい予防接種です。

予防接種は初回接種から4週間後に2回目を接種し、さらに6〜12ヵ月後に3回目の接種を受けます。

また、狂犬病は予防接種を受けただけでは万全ではなく、もし咬まれてしまった場合には、3回目の接種から6ヶ月以内の場合には0日と3日にワクチン接種が、6ヶ月以降の場合には合計6回にわたるワクチン接種が必要となります。

くれぐれも海外では犬に咬まれないように気をつけてください。

スポンサードリンク

海外を目指す〜TOP

つぶやきコラム(随時更新)

海外生活物語
  〜バンコク赴任
  〜バンコク生活
  〜タイ語
  〜住宅事情
  〜タイ料理


海外旅行を3倍楽しむ方法
  〜飛行機編
  〜ホテル編
  〜言葉編


英語のすすめ


日本の常識は世界の非常識

ハワイに住もう
オーストラリアに住もう
ニュージーランドに住もう
パリに住もう
タイに住もう

海外をめざす豆知識

《番外編》
外貨保証金取引で稼ごう


リンク集


プロフィール

Copyright(C)  海外をめざす All Rights Reserved