☆バンコク☆

バンコク生活

海外を目指す 〜海外を目指す方のためのお役立ちサイト〜
 
 海外生活物語

 バンコク生活



 皆さん、タイのバンコクというとどういうイメージですか。

 最近はい〜っぱい本も出版されているので、人によって様々なイメージを持っておられると
 思います。


 実際、旅行でバンコクに行かれた方も沢山おられるでしょう。
 


 常夏の国、微笑みの国、仏教の国、ビーチリゾート、物価が安い、交通渋滞、マッサージ、
 
 歓楽街、タイ料理etc.



 バンコクは人口約600万人、統計で把握できていない人がた〜くさんいますので、

 実際は800万人くらい?なんて住んでいる人の間では言われたりしています。

 大阪府の人口が大体880万人ですので、規模的には同じくらいというところでしょうか。



 ですので、かなり大都市であることはご理解いただけると思います。

 しか〜し、そこは外国です。大都会であってもやはり日本とは違います。



 私と家内は赴任後2ヶ月ほどホテルに暮らした後、現地のアパート(日本でいえば

 賃貸マンション)に引っ越すことにしました。

 ちなみに英語でマンション「Mansion」というと「大邸宅」という意味ですので
 
 気をつけてくださいね〜。

 「私はマンションに住んでいます。」なんて言うと、驚きの目で見られてしまいますよ。



 さて、引越しの当日、何と、家内が食中毒になってしまいました!



 私の家内は困った人で、引越しとなると体調が悪くなるのです。

 決して仮病ではありませんよ。本当に悪くなるのです。

 この時も熱を出して寝込んでしまいましたので、仕方なく、私一人で引っ越す羽目に。

 そして、一人でデパートに行って掃除機やらトイレットペーパーやら、を買い込んで

 アパート初日を何とか過ごしたわけです。

 この間、家内はずっとベッドで寝てました。



 てなことで、やっぱり食べ物には気をつけましょう。



 家内が当たったのは、街頭で売られていたソムタム

 とかいう、とってもから〜いパパイヤサラダ らしいです。
 (写真参照)

 それもタイ語学校で先生が買ってきたものを食べて

 当たったというのですから、

 運が悪かったとしかいいようがありません。


 こんな例はバンコクではい〜っぱいありますからね。




 屋台で食べ物を買って食べる時はよほど注意して下さいね。



 家内以外にも私の同僚が赴任してきて早々に屋台の食べ物を食べて会社を休み、

 ヒンシュクを買ったこともありました。

 それから水道水は絶対飲まないようにして下さいね。

 これはバンコクに限ったことではありませんよ。



 また、現地の人が水道水を飲んでいる国でも、旅行で行った場合には飲まないほうが

 無難です。

 (ちなみに、バンコクでも現地の人は飲んでいる人もいます)

 別にばい菌とかが入っていなくても、水質が国によって全然違いますのでお腹をこわすことが

 良くあります。



 くれぐれも気をつけてくださいね。
 

海外を目指す〜TOP

つぶやきコラム(随時更新)

海外生活物語
  〜バンコク赴任
  〜バンコク生活
  〜タイ語
  〜住宅事情
  〜タイ料理


海外旅行を3倍楽しむ方法
  〜飛行機編
  〜ホテル編
  〜言葉編


英語のすすめ


日本の常識は世界の非常識

ハワイに住もう
オーストラリアに住もう
ニュージーランドに住もう
パリに住もう
タイに住もう

海外をめざす豆知識

《番外編》
外貨保証金取引で稼ごう


リンク集


プロフィール

Copyright(C)  海外をめざす All Rights Reserved